2018年04月22日

ありがとうございます。

1967.04.22.jpg
沢山の誕生日メッセージありがとうございます。

51歳です。

50歳は新しいことを始めるのに良い。ということで『ブログ?』を始めました。

写真と文章を毎日更新します。

そして、ご報告です。

舞踏家集団デュ社に大駱駝艦から独立した湯山大一郎が加わりました。

初の正式メンバーです。

これからは、二馬力で頑張って参ります。

今後とも、

向雲太郎、湯山大一郎

そして舞踏家集団“デュ社”を、

何卒よろしくお願い致します。

180331151611.jpg
photo by bozzo

posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 21:17| ブログ?

2018年04月23日

51歳と1日

zero.jpg
photo by Yuji Yamamoto

51歳の1日目。ひとつひとつ頑張らずに頑張ろう!

写真は、舞踏カンパニー”大駱駝艦(だいらくだかん)”に入るために区切りとしてやった、個展の仕込み風景。

断筆宣言をして、全てを出し切ろうとたいへんに意気込んで張り切ってやった。

「退路を絶った。」by Haori Akikaze

そこから20年間絵を描かなかったが、50歳になってまた描き始めた。そんな絵もここでアップしていこう。

ちなみに奥で写真を撮っているのは、セツモードセミナーの同Q生、水野健一郎。

水野は、いまやいろんな学校で教えていて、BEAMSから出ている作品集には坂本龍一さんが解説を書いている。羨ましい。ちなみに坂本さんと師匠の麿赤兒は友人です。

坂本さんの娘さん、美雨ちゃんは壺中天の兄弟子で戦友、村松卓矢の作品で音楽を提供したりする関係ですが、俺はまだお会いしたことがない。

お会いできるのを楽しみにしています。

さて親友の水野ですが、NHKの番組のオープニングアニメをつくっていたり、作品が渋谷の地下鉄でどでかいポスターになっていたり、と大活躍。

描き続けた成果なのだ。

そして、この写真を撮ってくれた親友の山本祐司さんが、同Q生では一番の出世頭です。絵で家を建てるのだから大したものです。

しかも葉山。

脱帽。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 06:09| ブログ?

2018年04月24日

1999年

いまここ。足るを知る。か。そうだ竜安寺へ行こう。

1999.7.31.jpg
左から、徳久欣 大友透 若林淳 向雲太郎 村松卓矢 田村一行。

写真は、1999年7月31日 伊豆。

まずは、徳久欣。超がつく遊び人で、現在は長野で薪ストーブ職人になってます。ホームページで見たらカッコいいストーブだった。

同期の大友透。1200ccのバイクを乗り回しブルーズを唸るナイスガイ。「透はバイクに乗ってる時は、かっこいいんだよなあ。」by Akaji Maro

いまは、奥さまの実家、高知でキューリ職人になっています。ちなみに奥さまの美波里ちゃんは、大駱駝艦の先輩です。

兄弟子、若林淳。彼のことを語ると今日では到底記しきれないですが、いまは渋さ知らズメンバーです。

客演だと言いはりますが、自分で独立してカンパニーを持っていてでも他所のグループにも出る。

それが客演です。そこしか出ていないのならメンバーです。しかしこのメンバーかメンバーではない問題ですが、親友と同じで自分がどう思うかで決まると最近、思ったり。

向雲太郎。舞踏家集団デュ社主宰。ヒゲがダサい、水中眼鏡を外せ。

兄弟子、村松卓矢。

村松君のことは、また改めて記します。大駱駝艦の先輩でありながら、同期のようなところもあり。でも歳下で、戦友であり親友であり、そしてライバル。

弟弟子、田村一行。三人兄弟の末っ子で超マメ男。天使と悪魔の顔を持ち、普段はニコニコ「どうもどうも。」と調子が良くていつも低姿勢です。

しかし、ひとたびお酒が入るとブラック一行が召喚、毒舌をかまします。大駱駝艦番頭。

写真を撮ってくれてるのが、一行の当時の彼女か。なんだか喧嘩をしてたような。

皆んないい顔をしている。当時のらくだかんカー”エルフ”を拝借して泊まりがけで伊豆に遊びにいったときの写真。

いまでは考えられないな。牧歌的な頃のお話でした。
追記、2019.4/4
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:02| ブログ?

2018年04月25日

雨か

germany.jpg
激しい雨が俺を濡らす。何もかも。。
雨だな。

写真は伊藤キムさんの出世作
"Dead and Alive"ドイツツアー。

初演のメンバーは伊藤キム、遠田誠(まことクラヴ) 鎌倉道彦(コンドルズ)向雲太郎。

前から照明の森島都絵、?、キムさん、平敷秀人、雲太郎に遠田誠、舞台監督の高橋大輔。平敷はヨーロッパで活躍中!
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:10| ブログ?

2018年04月26日

秋田ぶるうす

名称未設定 1.jpg
戌井くんのエッセイに東陽さんのイラスト。

昨日は、鉄割アルバトロスケットの創立メンバー山内(伝説の裸俳優、8月スズナリで完全復帰。)と新宿で飲みまして、その後四谷3丁目“秋田ぶるうす”へ。

『秋田ぶるうす』は、漫画家片岡東洋さんがオーナーのおスナック。スナック愛好家の玉袋筋太郎さんはもちろん、いろんな方がいらっしゃる素敵なおスナックです。

inui.jpg
写真は熱唱中の戌井昭人氏で、こちら場所は熱海来宮。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:48| ブログ?

2018年04月27日

風呂

風呂に鯉がたくさん泳いでいる。

風呂は岩がごつごつしてけっこう深くて暗い。

栓が抜けているので、

栓を閉めようとするが深くてなかなか閉められない。

クサリを持ってぶらぶらと栓をゆらしてはめようとするが、

入ったのか入ってないのかよくわからない。

仕方がないので下へおりて行って手で閉める。

あっ、夢の話です。

これは、2018年9月21日に追加で記していますが、こういうことが出来るのもWeblogの特徴ですね。

印刷物なら出来ない。常にアップデートしていく『ブログ?』。

1993年12月から書いている日記というか雑記というかも、読み直してあとで追記したりします。

「青いな雲太郎。」とか「いや、なかなか良いことを言ってる。」とかその時点での感想、意見などを書き足しています。

IMG_3598.JPG
こんなイメージか。illustlation by Kumotaro Mukai 2019.1/21
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 07:24| ブログ?

2018年04月28日

4月28日

acid_tokyo.jpg

ゴールデンウィークか。関係ないな。

自分は結構なファイルマンでありまして、20代の頃の貴重な印刷物などをファイルしています。

そんなものもここでアップしていくぞ。

写真は20年ぐらい前のCLUB ACID TOKYOのフライヤー。

クラブは若い頃からよく通ってました。

大阪時代は、仕事が終わると『エンタツアチャコ』のアチャコさんのお孫さんがやってるレゲエ居酒屋、その名も"ACHACO”でまずは一杯。

それから宮本さんのベンツでJR高架下の大阪ダイナマイトへ。狙ってた女の子を宮本さんにとられて部屋までいって本当に迷惑。

セツ時代は「銀座、原宿、六本木。」毎晩飲み歩いて。

一番通ったのは新宿で、2丁目の”サザエ”や”69・ろっきゅう”に毎晩いって朝まで飲んでた。

ある晩、喧嘩がはじまったらゲイマスターが「トラブルはノーよ!」いうて客を叱ってたのをいまでも覚えてます。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:37| ブログ?

2018年04月29日

対話

韓国と北朝鮮が融和ムードですが、もともとアメリカとソビエトに無理やり引き裂かれたことを考えると「良かったなあ。」と思ってちょっとジーンとしたり。

暉峻 淑子先生が対話が終わった時に殴り合い、戦争がはじまると言っておられます。相手をわかろうとする心が大切。

やっぱりキーワードは“対話・インタラクティブ”。

自分の開催するワークショップでもインタラクティブ・ワークショップと銘打って“対話”を重点に置いてやります。

依頼されておこなう施設でのワークショップでは、人間の多様性ということを考えて“わかりあう”ということに重点を置いてやったりします。

人それぞれ色んな性格や癖、生きてきた人生の長さや経験も違うので、まずはわかりあおうという雰囲気づくりが大事。

施設の人たちはコミュニケーションの取り方も人それぞれなので、自分の常識を疑うということも大切。

こころを開いて、柔らかく、大きく。

右でも左でもどっちでもいいじゃないか。

寝転び.jpg
@光の丘 撮影:金子愛帆 いい写真。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:26| ブログ?

2018年04月30日

延期

今年は次々と企画が延期になっています。

4月中国・北京、5月兵庫県・伊丹アイホール、7月イギリス・ロンドン。。

そんな中、10月メキシコツアーだけは決まりそうだ。

良かった。

two_sun_1.jpg
photo by bozzo

『ふたつの太陽』というデュ社の旗揚げ公演をもって行きます。

そんでもって、2020年に帰ってきた『ふたつの太陽』と題して、東京での再演を目指す。

two_sun_12.jpg 
photo by bozzo

岡本太郎さんの第五福竜丸の壁画はメキシコから日本に戻ってきて、渋谷駅の壁に飾られている。

チムポムがそこに福島の絵をゲリラ的に、追加したのは2011年3月11日だったけど冴えてたなあ。

up_1318958.jpg
コピーライトマーク 2010-2011 Chim↑pom All rights reserved.

アップデートされて今と過去がつながっていく世界。

岡本太郎さんも、絶対にあの世で大喜びしてたと思います。

up_1310020.jpg
LEVEL7 feat.明日の神話
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:22| ブログ?