2018年06月17日

ギチョ

昨日は、昔馴染の杉本浩二と久しぶりに会いました。アダ名はギチョ。

ギチョは、小学校1年の途中に大阪から引っ越してきて。

それまで杉本マサシがいて、左ギッチョでギッチョンというあだ名で呼ばれていた。

けれども同じ苗字の杉本浩二が引っ越して来て、いつの間にかギッチョンのあだ名はマサシから浩二のほうに渡ってた。

ある朝、学校に行ったら廊下に男子全員が正座してて、どうしたのか聞いたら「杉本くんに正座してろ言われました」てなことがあったなあ。

当時の先生が大学出たての若い先生でギチョの横暴があまりにも目に余るので、「誰かギチョと喧嘩しなさい!」と言ったら杉本マサシがすぐさま手をあげた。

机と椅子を片付けてギチョとマサシが喧嘩して、一発でギチョがマサシを投げ飛ばし流血し終了。熱血指導。

そんな喧嘩のめっぽう強いギチョの粘土を、引っ越して来たばっかりの時に壊したらしいけれど覚えてないなあ。

ギチョは、中学では野球部のキャプテンで番を張ってて。しかし高校は公立高校に進学して文武両道。

高校では有名な厳しい顧問のいるラグビー部に入って。

一緒に入った同級生は、皆んな辞める中で続けてた。そういえば杉本マサシも、辞めずに続けてたとか。ど根性だな。

高校を出て、夜景の見えるところでギチョの家の車に乗って、二人でよく何時間も喋ってた。

わたくしは東京に行くと言ってて、ギチョは海外に行くと話してた。

ギチョは、その通りにいまはインドネシアにいる。

IMG_2647.JPG
ラグビー、現役続行を決意した杉本浩二・51歳。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 15:23| ブログ?