2018年06月19日

訪米

映画監督・佐藤訪米に出会ったのは、1995年1月21日。

飲み友達の木村さんという方の家で、星野建一郎を介して。

当時、訪米は映画を製作中だった。

後日、京都の事務所に泊めてもらったけれど、事務所は若者が溢れてて雑魚寝したり酒盛りをしたりと梁山泊の様相を程していて興奮したのを覚えてる。

映画が完成してそのイベントに呼ばれ、京都まで星野達と行った。

ジャズバーだったので、本番前に村松君とウィスキーをしこたま飲んで。

人生で酔っ払って踊ったのは、あの時一度だけだな。適当でいい加減なイベントだった。

DC3JWOMUIAADFxz.jpg-large.jpeg
佐藤訪米監督作品『京極真珠』ポスター。

訪米はその後、祇園南座の真裏でラーメン屋を始めて。

鉄割京都ツアーの時に遊びに行ったり。得体の知れない人が店の奥で寝てたり相変わらず面白かった。

いつの間にか祇園の店はなくなってて。便りは京大の近所から届いた。

『ぴちがい裁判』京都公演の時に久しぶりに行って。奥村君が日本で一番美味いと絶賛する中華そばを皆んなで頂いた。

先日も、その京大側のお店『みみお』に伺って夏にやる夜市というお祭りで踊るにあたっての打ち合わせをした。

これからもよろしく!
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 06:54| ブログ?