2018年08月20日

ギリヤーク、アマガーサキ!

大駱駝艦に入ってすぐに大須大道町人祭の金粉ショウがあったけれど、私的な用事で行くことができなかった。

大須の金粉ショウは登竜門的な修行の場で、毎年新人が派遣される伝統だったのだが。

お客さんから直接お金を頂くというのが金粉・大道芸の醍醐味で、頑張ればその分お金という評価としてかえってくるのでやり甲斐は半端ない。

大勢の観客の真ん前でツンイチで踊り、その場で投げ銭を頂く。まさに裸一貫の勝負で踊りがまずければ一銭ももらえない。

スリリングなやりとりの現場で、新人にとってはたいへん貴重な鍛錬の場。

大須から帰ってきた村松卓矢や大友透が興奮気味に思い出話しをするのを羨ましく聞いた。初っ端に行けなかったからかそこから大須の大道芸とは縁がなかった。

「金粉に行くと変な癖がついてしまうからな。」と自分を慰めていた。けど悔しかったんだな。

初めて大須に行ったのは、結構経ってからだった。1997年10月、麿さんのソロ公演『トナリは何をする人ぞ』の神戸公演の帰りだった。

その時にギリヤーク尼崎さんを初めて目撃した。

気の狂ったお婆さんが踊り狂って走り回って水をかぶって。おそらくあの時に大道芸の真髄を観たのだと思う。

中国雑技団のような神技ではなく、パントマイムのエレガンスでもない、からだひとつを投げ出しその身を観客に晒し人間のエネルギーとパワーと狂気を放出する。

はじめてギリヤークさんが大須に登場した時、パフォーマンスが終わって、投げ銭を入れてもらうために置いていた竹筒が一杯になり、どんどん溢れて山になって数えたら100万あった。という伝説が伝わる。

金額は大袈裟だと思うが、決して嘘ではないと思える圧倒的に凄まじいパフォーマンスであった。

060725-001Tm.jpg
2017年10月9日、新宿のパフォーマンスには、1000人の観衆が集まったとか。ギリヤークさん、87歳!
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 10:03| ブログ?