2019年05月10日

リアルどうぶつの森

家の中はだいたい片付け終わって、あとは廊下の天井画だけになりました。

養生したりと大袈裟になるので、人が泊まりに来ないときを狙います。

家の中の次は家の外です。庭の手入れを本格的にはじめました。

梅雨の前になんとかしないといけないと先日、遊びに来た植木屋のダイちゃんに聞いたからです。

なるほど。雨が続いてそんで晴れた時に爆発的に雑草が育つのだな。農家の方は草刈機でやります。こちらは、手刈りのローテクです。

雑草ばかりなら一気に刈ればいいのですが、美しい花を咲かせる水仙が混じっていたりするので気をつけながら引っこ抜きます。

しかし根っこが残っていたら、すぐにまた生えて来ます。

よくドラマで「あの時、根絶やしにしなければならかったのだ。」というせりふを聞きますが実感。

最初に雑草として認定されたのは、種がイガイガですぐに服にくっつくやつです。名前は知りません。

くっつき虫ではなくて、もっとバラバラになってくっついてなかなか取れない厄介なやつです。

ゲームの『どうぶつの森』ならば、雑草の生えない設定に出来るのですが、こちらリアル版なので出来ないです。

そして足長蜂がそろそろ巣作りに入っているようで、昨日もひとつ発見しました。うごかなくなる夜に駆除します。

別にこちらが何もしなければ向こうも何もしてこないのですが、出会い頭や不慮の事故というのがあって、恐ろしいので退治します。

どんな蜂でも近づいて来たら、偵察しているだけなので絶対にうごいてはいけません。

手で払うなんてもってのほかです。「テキハッケン、コウゲキシマス。」言うて刺されまくります。

ハエが捕まえられないように蜂も無理です。しかもミツバチは一度刺したら終わりですが、アシナガやスズメバチは何回でも刺します。怖いなあ。

まあ、スズメバチなら死ぬこともありますが、足長蜂なら腫れて終わりです。

針治療なんてのがあるぐらいなので、いいツボに入ったらからだの不調が治るかもしれません。

IMG_4060.JPG
海から石を拾って来て並べたらいい感じになりました。しかしまだまだ入り口。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 07:40| ブログ?