2019年05月25日

東京事務所より

さて、舞踏家集団・デュ社東京事務所に戻っています。

鉄割・山内との打ち合わせと、鉄割・奥村君の引っ越しのお手伝いです。御用と用事であれば世界中、何処へでも出かけます。

ここ東京事務所には、あまり人を泊めません。いままで泊めたのは、旧友・久原鉄秀、音楽家の築山建一郎と照明家の久津美太地の3人だけです。

遊びに来たことのある人は、まずはコンテンポラリーダンサー・遠田誠。誠とは稽古のあとに事務所で呑みました。

日本酒を呑んですっかり酔っ払い、トイレで尻丸出しのままずっこけて娘に笑われました。

あとは、デュ社副代表・湯山大一郎といつも制作のお手伝いをしてもらってる真鍋淳子に工藤麻梨さんといまは亡きデュ社の初代カンパニーメンバー・岡田直樹だけです。

そういえば仕事をしにいまはハイウッドのスタッフになっている井尻有美ちゃんが、事務所にきたこともありました。助成金の決算をしたんだな。

舞踏家でデュ社旗揚げメンバー松原東洋と大駱駝艦舞踏手の小田直哉は、玄関先まで来たことがあります。道具の搬入でした。

そういえば、鉄割アルバトロスケットのオフィシャルカメラマンの沼田君も作品を撮りに来たな。

借り住まいなのであまり偉そうに人を泊めたりはできないのです。

その点、都志のデュ社本拠地は自分の家なので自由に人を泊められます。

皆さま、いつでも泊まりに来てくださいませ。瀬戸内のおだやかな美しい海と360度の燃えるような夕陽が大歓迎してくれますよ。

そして、昨日は山内と鉄割・村上君との打ち合わせでした。一度、二人で打ち合わせをしたようで二人の関係が変化してて面白かったです。

打ち解けたいい感じになっていて東陽先生経営のおスナック『秋田ぶるーす』では、殴り合いの喧嘩をしてました。

二人とも真面目に考えていて、しっかりと作戦会議をしているので頼もしい。こういうとき人数が多いと助かります。

誰かがいいアイデアを思いついて出してくれて、そのアイデアがどんどん膨らんでいったりします。

時間のことをまったく忘れて遅くまで呑んでしまい帰れなくなったので、文壇バー『猫目』にもはじめてお邪魔しました。

閉店ぎりぎりまで居させてもらい、久しぶりに朝まで呑みました。楽しかった。

電車がうごき始めるのを待っていたJRの駅前で、村上君が隣にいた耳ピアスの若者に話しかけてて新鮮だった。

山内も店員に話しかけたりしますが、好奇心が強くてざっくばらんなんだな。

日大の学生だという3人でしたが格好とは裏腹に礼儀が正しくて別れ際に「楽しかったです。」いうてました。

IMG_4099.JPG
デュ社東京事務所。Windowは、合成です。

posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 10:29| ブログ?