2020年01月01日

2020元旦

昨日は大晦日、おせちの材料を買いにスーパーへ。

どこもかしこも大行列で毎年、年末はこんな感じだったか・・・と考えてみたら東京で過ごすのは十数年ぶりでした。

訳あって東京で過ごす新年は久しぶり、いろいろと新鮮な年末年始でした。

しかしおせちというのは手作りするにはたいへんな料理です。子どもの頃はあたりまえに食べていたけれど、こんなに手がかかるとは思わなかった。

黒豆を煮るところから考えると二日がかり。うちは二人でつくったからまだましだったが、シングルだったら一苦労だ。

さて、今日はお正月。

初夢は見なかった。

先日見た夢は、実家で空手の先生とお手合わせ。

冷酷で残忍な先生で最終的に組み合って目に指を入れられそうになって「殺される」と外へ逃げる。

けれど容赦なく追いかけられて「すみません、すみません」と謝っているのに追いかけられ続けて、悲鳴をあげていたみたいでワイフに「大丈夫?」と起こされました。怖かった。

そのあとに見たのは温泉の夢。

いろいろな温泉が続いているところで、奥のほうまでいったら鍵をなくして行ったり来たり「ずーっ」と探してしてた。

起きてから近所の神社へ初詣へ。初日の出を「ちらり」と拝めてラッキー。

朝早かったのに大行列で皆んな早起きだな。と感心します。

一年の計は元旦にあり。

二礼二拍一礼「祓え給い、清め給え、神ながら守り給い、幸え給え」

今年の抱負は“淡路島都志にて夏合宿をおこなうぞ”

人が集まらないのが不安・・・不安に思うな。赤字になるのが怖い・・・怖れるな。失敗するのが嫌・・・嫌がるな。大丈夫、なんとかなる。

案ずるよりも生むがやすしきよしだ。

神社をあとにして家へ帰る途中に、郵便局のかたが年賀状を配っててたいへんだなあ。正月とか関係ない仕事。

セブンイレブンとローソンは一部店舗で元旦の営業を休むと決めたけれど、ファミリーマートは営業すると決定して足並みが揃わなかった。

正月ぐらい休みましょう。それでいいと思います。

近所のコンビニはネパールの方々が深夜も働かされているけれど、低賃金で自分のやりたくないことをやらせるのは良くない。

留学生という名目で海外から人を集めて、本気で日本で手に職をつけようと頑張っていた人々がいま“留学生が目標人員に達した”という理由から帰国させられているとか。

せっかく手に職をつけて労働力になりそうだったのに、国の身勝手な理由でビザの延長が認められずに帰国させられるという理不尽。

この国は一体、ぜんたい何がやりたいのだろう。

近所のイオングループ・マックスバリューも年末年始休むのかと思っていたら、その逆でポイント10倍とかいって荒稼ぎを目論むようです。

働かせられるのは、非正規雇用のパートアルバイトの派遣労働者の女性たち。

家庭もあるだろうし、お正月ぐらい休ませてあげればいいのに。

いかんいかん、悪いことを考えると悪いことが起こるのです。

どうか明るく、いい新年になりますように・・・

IMG_0084.JPG
「明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」とまたまたネット上のバーチャルな挨拶で「どうもすみません。」
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 13:17| ブログ?