2020年02月25日

新しいことをはじめる

昨日は新月でした。

新月は新しいことをはじめるのにいい時、ということでさまざまな新しいことをはじめました。

『ブログ?』を記してから時計の電池を替えたり、雛人形を飾ったりと最初に家の中のことをいろいろと新しくしていきます。

次に自分の仕事のことをはじめます。

まずは3月、富山のイベントの内容や諸々を考えはじめます。富山は劇場のロビーでの公演と大道芸っぽい感じなので場の雰囲気を見ながら臨機応変にいこうと思う。

着いてすぐに本番だからその場での閃きが勝負だな。

控室から登場して現場でいろいろと準備して金粉を塗りはじめる。養生のシートを用意しなければ。金粉を塗ってる時に人が集まってきたら客入れというか喋りながらやればいいか。それも現場だな。

塗り終わったら口上は要るか・・・

投げ銭を頂くわけではないから口上は必要ないような気もするけれど、舞踏についての説明をしても良いかもしれない。

建一郎の音が入るけれど、喋りは城崎の時もあったからどちらでもいけるでしょう。

どっちが良いか・・・

うーむ、わからん。これも現場の雰囲気を見ながらでいいでしょう。

一応、喋る言葉はそれぞれ用意しておいてと。終わってからグランドフィナーレとかいうのがあるらしいけれど、富山から大阪まで建一郎の車で帰るので我々は不参加です。

ゆっくりともう一泊できればいいけれど、予算内でのやり繰りなので仕方がない。

その次は4月、都志公演のことを考えはじめます。

こちら公演というか近所の人への顔見せ興行です。なので時間は30分ぐらいでいいか。1時間はやりすぎだな、長すぎる。

内容はどうするか・・・金粉がわかりやすいし面白いのでそうするか。

最近、金粉が多いけれどそれも社会からの要請なのか。派手でわかりやすくて面白いからなあ。ザッツ・エンターテイメントの金粉ショウ。

だんだんと難しいことをやっていこう。観客を育てるというのも必要なのです。間口は広く、奥は深くだな。

入場料金を取らないつもりなので湯山へのギャラは自費になるが仕方がない。なので湯山が出演するのは1日だけだな。経費でいちばんかかるのは人件費なのです。

1日をチームでやって1日はソロにするか。

まずはソロでやって、2日目にチームでやるとか。音は都志公演はカラオケでいいか。残念だけど建一郎を呼ぶ予算がないからな。

8月の夏合宿は来てもらおう。こちらは多少は予算が組めるだろう。それも合宿生が集まればこそだけれど。

助成金を調べてみるか。兵庫県の助成金があったな。

軌道に乗るまでは助成金頼りになっても仕方がないのです。

map_blog.jpg
チラシ用に地図を作成。三ノ宮から最寄りの五色バスセンターまで約1時間半です。五色バスセンターからデュ社本拠地までは3分です。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 11:58| ブログ?