2020年09月10日

キャスト紹介

今回のこんにゃく座公演はかんぜんなダブルキャスト、紫組と光組という組みにわかれています。

紫組のキャストは姫役が鈴木裕加さん。

彼女のうつくしい歌声を聴いていると「歌というのは天性のものなのだなあ」と思います。普段はどこにいるのかわからない地味な感じですが、舞台に立つとがぜん輝きます。

hiroka02.jpg
姫:鈴木裕加

少将という姫の乳母役は相原智枝さん。

今回はじめてご一緒しましたが年令を聞いてびっくり仰天、若々しくて軽やかで魅力的なのです。歌声もちからが抜けていて上品で伸びやかです。

ai02.jpg
少将:相原智枝

侍従という少将の娘、姫の幼なじみ役は飯野薫さん。

歌が上手な飯野さんは西東京市出身で偶然ですが、娘が1時期入っていたミュージカルクラブの先輩なのです。

kaoru02.jpg
侍従:飯野薫

途中で逃げ出したりすぐ戻ってきたり大騒ぎする宰相という世話役は彦坂仁美さん。

彦坂さんは、うごきがいちいちおもしろくて見ているとにやにやしてしまう。絶対音感の持ち主らしいです。

hiko02.jpg
宰相:彦坂仁美

お節介をやく叔母役は齊藤路都さん。

こんかいはじめてご一緒しましたが、じぶんの性格とはちがう嫌味な叔母さん役をがんばって演じています。名前はルツとよみます。

rutsu02.jpg
叔母:齊藤路都

右近と左近という侍女役だけが、1人ふた役。

石窪朋さんは、喜劇のオープニングをかざる役で楽しくはじまるために歌の練習を熱心にやっていて感心しました。文学座出身。

tomo02.jpg
右近、左近:石窪朋

紫組では右近を光組では左近を演じていたのは荒井美樹さん。

2017年に入ったというからまだ新人だけれども、じぶんの考えをしっかりと持っているようでした。

miki02.jpg
右近、左近:荒井美樹

光組の姫役は高岡由季さん。

2014年に入ったというからまだ6年目、主役に抜擢された感じかなのかな。けれども気負うことなく楽しんで演じているようでした。

yuki02.jpg
姫:高岡由季

光組の少将は岡原真弓さん。

こんにゃく座の飲酒隊長でいろいろとお世話になっております。岡原さんを観ていると舞台人は遊びごころにあふれていることが大切なのだなあ。と痛感します。

okahara02.jpg
少将:岡原真弓

侍従役は小林ゆず子さん。

からだの小ささを活かして機敏にうごいて笑いを誘っていました。声に特徴があって、少年のような魅力もお持ちです。最近ビールに目覚めたとか。

yuzu02.jpg
侍従:小林ゆず子

光組の宰相役は花島春枝さん。

からだがおおきくてこれぞオペラ歌手という感じです。歌も声量があって迫力があります。本番では小さくなってしまうとか噂を聞いていて心配しましたが、大丈夫でした。

hana02.jpg
宰相:花島春枝

光組の叔母役は山本伸子さん。

国立音大の大学院オペラ科修了という学歴をお持ちで最初から完璧に歌えていたらしいけれど、役づくりで最後まで苦戦されていました。本番は笑いをとっていて良かった。

nobu02.jpg
叔母:山本伸子
All photo comes from the Opera Theater Konnyakuza web site.

そうして素晴らしい楽曲を作曲されて、本番では素敵な演奏をされていた寺嶋陸也さん。

大石さんによると光源氏は寺嶋さんだったそうです。

terashima.jpg
ピアノ:寺嶋陸也
This image comes from the Google.
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 16:46| ブログ?