2021年02月10日

はたらくぞ

昨日のメインイベントは庭につくる舞台の実測でした。

まずは食器洗いをして体操をしたら、ひさしぶりに仏壇のまえで真言をとなえます。

2月はスイセンの時期、庭に咲いていたのを仏壇に飾ってと。

そのあとはコンビニに買い物にいって一級建築士の父親がつくってくれた、舞台図面をプリントアウト。

最近、新聞は買わなくなりました。

差別や誹謗中傷や嘘や誤魔化しに隠蔽に賄賂に汚職と、しょうもない話ばかりなのでこころの底からうんざりして読みたいと思わなくなってしまった。

毎日毎日、おなじ話題ばかりだし、新しく聞きたい情報もないし、たまにのっている作家さんの素敵な文章はべつに新聞で読まなくても本の中にたくさんあるのです。

娘が新聞を読みたいとまったく思わないと言ってたが、若者が手に取りたいと思う紙面になっていない。情報が多すぎて文字を詰め込みすぎている。デザインが古くてダサすぎる。最近は英字新聞を好んで買ってたけど唯一、少しファッショナブル。

帰ってきて「さあ作業するぞ。」

と意気込んでいたら大量の荷物がとどいてとつぜんの大騒ぎ。

届いたぜんぶで11個のダンボールをひらいて、中身をそとへと出していったら家の中があっというまに足の踏み場もなくなる。今回は合宿のあと、お祭りなのでお酒が多めです。

昼はパンをかじり、3ヶ月間冷蔵庫で眠っていたたまごをこれまた3ヶ月間冷蔵庫で熟成されていたベーコンと「頂きます。」コーヒーを豆からひいてカフェオレをいれて「ごちそうさま。」

午後はいよいよ舞台の実寸計測です。2時間ぐらいかけて、あーでもないこーでもないと考えながら計測します。

上がりがまちのように、一段下がっているスペースがあるとなにかと便利な感じがしてそうしよう。

しかし基礎用のブロックと、その上にしく木材がけっこうな量になってたいへんだぞ。2回買い物にいく計算でいるがそれでは足りないかもしれない。

そのあとはずーっと手付かずでいた最後の砦、台所の最深部を探索。おばあちゃんが漬けた平成9年の梅干しが大量に出てきてびっくり。

梅干しは、ながく漬ければつけるほど値打ちがあるらしいので、きれいに拭いてまた戻します。ほかにも得体の知れない瓶がたくさん出てきたがやはりお宝なのでしょう、ありがたくきれいに拭いてすべてしまいます。

夜はトライアル公演のオープニングを考えていたら、また椅子で寝そうになっていてあぶねー。

今日はお酒を抜くぞ。

suisen.jpg
『仏壇のスイセン』
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 10:14| ブログ?