2021年02月18日

作業開始1週間プラス1

昨日は湯山大一郎が朝ぱらからペペロンチーノを作ってくれてありがとう。

前日は気候もよく、そよ風ぐらいの感じだったけれど、ほんじつ都志特有の本意気の強風でたいへんだぞ。

途中で雪までちらついてきて身が引き締まります。

昨日のつづきをやりつつ、湯山がいよいよモルタルセメントの準備をはじめる。まずは穴を掘ってたいらにしてモルタルを流し込んで、つか石なる土台を設置。

水平になるように気をつけながら高さがすべておなじになるようにする・・・

これがなかなかむずかしくてあっちを直したらこっちがいがんで、と時間がかかる。かかるけれどだんだん慣れてきたら、いっぱつで決まったりして気持ちがいい。

モルタルを水をまぜてつくるなんていうこともやって興味ぶかい。じぶんの立つ舞台を基礎からつくるという、おそらく一生に一度の貴重な体験をさせてもらっています。

じぶんが立つ舞台と思うと慎重に丁寧になる。「まあ、いいか」と適当にやったり手を抜いたりするとそこが凹んで、どんどん舞台の全荷重がそこにかかって全壊なんてことになる。

湯山は実際にそうなった現場を経験したことがあるらしくて、より丁寧で慎重なので頼もしい。

昼は庭に生えている野生化したワイルドレタスをサンドイッチにして「ごちそうさま。」

午後もおんなじ作業をどんどんやって、意外にすすんでこれは想像していたよりもはかどるかもしれない。とか胸算用。「いやいや」と湯山は首をふります。

いつものように17時のサイレンで片付けはじめ、そのあとはそれぞれでからだと向き合う。こちらも丁寧にやります。

稽古が終わって風呂に入ったら、とろけるような最高の気分。お風呂の株がどんどん上がってる。

今日1日の疲れが綺麗さっぱり吹っ飛びます。

夜は、昼休みにつくった戌井君の影響で最近、凝っている特製スパイスカレーをつまみにお酒を「いただいます。」

スピーカーのACケーブルがやっとこさ届いていい音を聴きながら、気持ちよく夜は更けていったのでした。

IMG_5111.JPG
『掃除してたらでてきた白雪のおちょこ』
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 09:47| ブログ?