2018年05月17日

それからどうしたパート2

夢破れて山河あり。漂えど、沈まず。しかし船はすすむ。

それからどうした。

ただバイトを続けて。絵もなんとなく書き続けてたのか。

適当に遊んで。女の子と付き合ったりして。酒を飲んで酔っ払って。そういえばこの頃、風呂屋で刺青者と些細なことで喧嘩になって、風呂屋の裏の駐車場でファイトしてKOされた。

そうこうしているうちに、土方巽の名前を知った。のかな。

セツ時代にウィリアム・バロウズを知り、そこからビートへ行って、ジャン・ジュネを読んだりして、SWITCHが愛読書で。

マンガでは、狩撫麻礼先生の『ボーダー』を愛読してた。バイト終わりに独りで高円寺のアパートでボブ・マーリーを聴きながらワインを一本空けて泣いたりしてたな。

弱っとるなおれ。そうして次回作の『天使派リョウ』のなかに土方さんが出て来たんだな。

hijikata.jpg
土方さんの写真集のカタログ。やっぱり本物は格好いいなあ。

「なんなんだこれは?」

でもその時は、少しひっかかったくらいで。

また退屈な日々が流れて。

縁があって当時、板橋にあった大駱駝艦の稽古場の公演を観に行った。いま考えると導かれてたのだと思う。けどその時も「ふーん。こういうのもあるんだ。」てな感じで。

asinae.jpg
『若衆』公演の半券。

またバイトの日々に戻って。何やってんだろうなおれ。と毎日考えてた。と思う。進退極まった感じ。完全に行き詰まってた。

1ヶ月後の或る時。一枚のチラシが出て来た。

1994_3.jpg
運命のワークショップチラシ。

それは、大駱駝艦のワークショップのチラシだった。

完全に行き詰まってにっちもさっちも行かない現状を打破するには、何かしら思い切った踏み込みが必要不可欠だった。

大駱駝艦の事務所に電話をした。

「3月18日においでください。」とかなんとか言われたのだと思う。覚えてないけど。

1994年3月18日、板橋駅に降り立ってそのまま稽古場へ向かう勇気がなくて、まずは途中の中華料理屋に立ち寄ってラーメンを食べた。

のかな。何を食べたか忘れた。もう辺りは暗かったと思う。迷いながらも行き着いて。稽古場がさらに真っ暗な路地の奥にあって恐ろしかった。

ドアを開けるまでしばらく躊躇したと思う。いまだったら引き返せる。そんなことを考えながら。
それでも、勇気を振り絞って恐る恐るドアを開けたのだった。

それは、新しい宇宙へと広がる扉。

そうしてわたくしは、とうとう舞踏の門の中へと足を踏み入れたのだった。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 17:09| ブログ?