2018年05月26日

伊豆の合宿

さてさて。それはさておき、大駱駝艦艦長・麿赤兒は仕事の都合で合宿あと入りだった。

まだ麿さんが来てない夜。

狸穴善五郎と蹄ギガ、当時は及川が喧嘩をはじめて。

狸穴が身長180pぐらいあって及川君が193pとかだったかな、巨体の二人が取っ組み合って道場中を怒鳴りあいながら転げ回るからめちゃめちゃ迫力があった。

当時、及川ナンバー2・狸穴ナンバー3という時代で狸穴が及川に「テメーは、稽古にも出ず海に行って好き勝手何をやってんだ!!」と怒って。

「俺はいっつもらくだのことを考えてんだよ!!」と及川も応酬して。

「ちょっとあんた達、何時だと思ってんのよ。」と最後は女性幹部に怒られて終了。

わたくしは、集団のことで喧嘩する人たちを見るのが初めての体験だったので新鮮で興奮したのを覚えてる。

あと入りだった麿さんが来て、合宿生が順番に自己紹介をして、わたくしも自己紹介をしたら麿さんが「なんであいつがいるんだ?」と怒ってて。

鶴山さん、麿さんに話し通してなかったんだ〜。お願いしますよ〜。急に肩身が狭くなった。

そのせいかどうかわからないけど、合宿後半でじんましんが全身に出て。狸穴君が病院へ連れていってくれた。

IMG_2613.JPG
いまは宝石商になっていると噂の狸穴善五郎。ちなみに名前は芸名で麿さんが付けた。いい名前。

病院へ行く途中、車中で狸穴君とこのあいだの喧嘩のことや大駱駝艦のいろんな話しをして。この時らくだに勧誘された。

それまでも大友透や星野建一郎に「らくだ入りなよ〜。」と勧誘はされてたけど気持ちはハッキリしなかった。

しかし、この合宿で及川と狸穴の喧嘩を見て大駱駝艦という集団のことを意識するようになり、だんだんと入りたいと思うようになるのだった。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:27| ブログ?