2018年06月07日

人生即興2

人生は即興の如し。

舞踏には土方巽と大野一雄という二人の始祖がいる。

「いのちはかたちに追いすがるもの」という考えのもと一から十まで振り付けて作品を創った土方。

「かたちはいのちに追いすがらなければならない」と言って、即興を得意とした大野。

2013年『舞踏?』という作品で、土方さんの踊りのトレースというかコピーというか、簡単に言うとというか、身も蓋もない言い方をすれば真似をしたことがある。

youtubeで土方さんの10分のソロを見ながら一挙手一投足を真似した。

土方さんの真似、振りのトレースをして思ったのは、確かに10分の踊りなら10分間すべての振り付けが決まっているという感じはした。

けれど、その間合いやタイミングは結構アバウトな感じがした。

131213160721.jpg
『舞踏?』@渋谷Edge photo by bozzo

大駱駝艦の踊りもすべて振り付けが決まっているのだけど、その間合いやタイミングはダンスマスターというリーダーに委ねられている。

流石は土方さんの弟子・麿さん、その辺は踏襲してるのかな。と思ったり。

このトレース作業、川口隆夫さんが2013年『大野一雄について』という作品で初めてやって、ヒット作にして全国各地、世界各国で上演してる。

小沢康夫という大駱駝艦の前プロデューサーが、

「あれは、自分の肉体をメディア(媒体)にして、大野一雄の霊を憑依させてるんだ。」

と評しててなるほどなあ。と納得した。

舞踏が日常的にやっていることを、現代美術的にプレゼンしてるんだな。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 09:19| ブログ?