2018年06月16日

伊藤キム

伊藤キムさんは、年齢が二つ上なだけでほぼ同年代なので兄貴分みたなもの。

家に遊びに行ったり仲良くしてもらって。可愛がってもらっていたと思う。

その踊りは、切れ味鋭く自分で決めた振りを何度もなんども稽古して、納得がいくまで繰り返して鬼気迫るものがあった。

いまは違うかもしれないが当時はテクニックが大好きでそのうえ、もっともっとという向上心に限りがない人。

今日右手が10センチ伸びたら明日は11センチ、明後日は12センチという感じ。それを他者にも要求する。

丁度これから世に打って出ようという時期で、勢いに満ち溢れていて凄みすらあった。応援して贔屓にするファンも沢山いた。

麿さんからの影響は、歳が離れていたこともあって当時はあんまり自覚していなかった。

キムさんからの影響は、歳が近いぶんわかりやすくて強烈だった。

まずは身近な兄貴の影響を受けるような感じだったのかもしれない。

40B4DE8C-3DD6-4929-85BF-3B905533C948.jpeg
photo by Nobutoshi Takagi
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 12:32| ブログ?