2018年07月10日

これから

淡路島を離れました。さらば瀬戸内の海よ。また会おう!

IMG_2776.JPG
一転快晴の中を一路、神戸三ノ宮へ。途中土砂崩れにて通行止め。二箇所迂回。

鉄割の練習のため東京に戻ります。

2018年8月9日から12日まで、鉄割アルバトロスケット・スズナリ公演よろしくお願いします。『無題です。』だそうです。ちからがヌケる。

今回はデュ社の湯山大一郎も初参加。湯山にとって良くも悪くもめちゃめちゃ勉強になると思います。

ちょいと偉そうで上から目線ですが、わたくし1999年からやってますんで。

鉄割は、親知らズと渋さ知らズが舞台の常識を蹴っ飛ばすようないい塩梅で。

演出とかプロデュースとか舞監とかは、ぜんぶ「自分の踊りを踊ればいいんだよ。」の心で。

しかし皆んながそれをわかっているわけではないところがらしくて。

その公演に関わることすべての適当でいい加減さが、舞台に集約されていて。しかし狙ってやっているのではないところが奥深い。ここもまた絶妙の塩梅で。

役者は手練れが揃っているので、舞台上では0.1秒の遊びをやっていたりします。鉄割をやるといつも「“間”なんだよなあ。すべては。」と実感します。

終わって8月25日(土)京都、吉田町夜市にて踊ります。訪米よろしく。

どういう内容になるかはこれからです。キャストをもう一人探して、構成を決めて音を編集して振付をつくったりアンプを直したり、いろんな準備は鉄割と平行。

荷物も東京から京都へと送らねば。それだけの労力の見返りがあるかどうかは投げ銭次第。努力して頑張ります。

10月24日から11月12日までメキシコへ。『ふたつの太陽』再演です。

いろんな問題が山積みで、結構な変更になるけれど如何相成りますか。適当でいい加減に行こう。ラテンだもんな。

今回は萬時を連れていけないので、わたくしが木谷真一役をやります。川口隆夫さんと湯山大一郎と音楽の井上祐二とで行って参ります。

珍道中に、乞うご期待。

そして、2019年3月25日から31日まで森下スタジオにて『舞踏?』ワークショップです。一年ぶり。楽しみ!
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 10:48| ブログ?