2018年06月06日

芸の肥やし2

tenkei.jpg
1994年11月30日、12月1日 天鶏公演『ノクターン』@中野テルプシコール

大駱駝艦の大先輩、鳥居えびすさんと大駱駝艦初期の華だった、田中陸奥子さんが主宰する舞踏舎 『天鶏』公演の裏方に入ってお手伝いをした。

「やるなら徹底的にやる 中途半端は駄目 顔で踊るな!

常に吊られる 隅々まで行きわたる神経 ほんの少しの違いを表現する

幕一枚へだてた世界 内と外 百の視線がはね返っていく

冬の風鈴 手で呼吸 曲に乗るな 速い速い!

倒れたっていい ズルしない 上手く踊らなくてもいいんだよ かたちなんて気にしない!」

陸奥子さんに鳥居さんが厳しいダメ出しをしてたのをメモメモ。

始めたばかりのわたくしにとって、ものすごく勉強になることばかりだった。

色んな局面で新しいノートに写していって、たまにページをめくって振り返っていたので、いまでは血となり肉となっている。永遠に通じる一生ものだな。

夢想的に瞑想的な、まさにノクターンという小作品だった。

そういえば、観に来た及川君と菊池君が公演前のロビーでビールを飲んでて、照明を担当してた阿部さんに「先輩の舞台を拝見するのにビールを飲むのは失礼だろ!」と怒られてた。

こういうちょっとしたことも芸の肥やしだった。

そうこうするうちに、大駱駝艦天賦典式本公演『海印の馬』と『雨月』の二本立ての稽古がはじまるのだった。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 13:00| ブログ?