2018年08月03日

8月6日朝1

私は、残務整理のため広島に一人残っていた。その日は早朝に空襲警報が鳴ったが、空襲があるわけでなく。

「またか。」布団の中でそう呟いた。最近誤報が多い。敗け続きで軍部も混乱しているのだろう。

目が覚めてしまい、しばらく布団の中で輾転としたが、もう夢の中へと戻ることはできなかった。

仕方なく起きると、灯火規制の黒幕を開ける。外は薄日が差しているがまだ太陽は照りつけていない。朝曇りのカンパチというが、今日はそうなりそうだ。

トイレに行き用を足して顔を洗う。誰もいない家はガランとして急に老け込んでしまったようだった。台所へ行き簡単に朝ごはんを作る。昨日の夜にお手伝いさんが作ってくれた残り物をそのまま食べた。

「男の一人暮らしは、何かと不便でいけんのう。」そう思いながら、寝室へ戻りシャツとズボンに着替え蝶ネクタイをつけステッキを持つと、日課である護国神社へのお参りに出かけた。

道中、やはり雲間から太陽があらわれはじめた。蝉はまだ鳴いていないし、それほどは暑くない。人もまばらである。

お参りを終え、護国神社を7時半に出た。始業の9時までにはまだ間があった。今日はお手伝いの人が二人来てくれる。そろそろ残務整理も終わりすっかりと片付いて来ていた。

一週間後には、私も淡路島へと旅立ち家族に会えるのだ。そう考えると自然に足取りも軽くなるのだった。

shinichi_kidani.jpg
曽祖父、真一は呉服屋にも関わらず普段は背広で通したとか。「とにかくお洒落さんだったのよ」by 次女・直子
posted by Mukai Kumotaro at 08:16| 日記