2018年10月21日

Awaji Butoh Shrine

ただいま、淡路に帰っております。舞踏家集団"duex shrine"の本拠地"Awaji Butoh Shrine"にて副代表の湯山大一郎と鋭意、合宿中です。

毎日、朝から晩までのんびりと稽古しています。大駱駝艦の本拠地”壺中天”もそうでしたが、稽古場が隣にあるというのは本当に贅沢なことです。

淡路島という雄大な自然の中で暮らしていると、色んな瑣末なことがもうどうでも良くなってくるので「いかんいかん。」と頭をフリフリどうでもいいかもしれないけれど生きていくために必要な様々なことを頑張ってやります。

そういえば「締め切りのある人生は短い。」んだって。(毎日新聞 “時の過ぎゆくままに”岡田満里子) 効率的に生き無駄がないように生きる。そして最速で死に向かい死んでいく。

しかし自給率120%の淡路島にいるとひよっとしてここだけで生きていけるのではないのか。という気分になってくる。米を作って野菜を育てて。

「俺を観たいならこの部屋ごと連れていけ。」と言ったという舞踏の始祖・土方巽。ほどではないですが「俺を観たいなら淡路までおいで。」という気分になってきたり。

淡路人形座というグループがありましてなんと立派な(実はまだ行けてないのですが。)劇場をお持ちで、毎日、朝から晩まで公演をやられています。(これは本当です。)福良高校だったかな、近くの高校生が毎年就職して新メンバーになるらしい。

今度お世話になる松本の劇場でも公演をされてて、この間は大駱駝艦がフランスの本拠地にしているパリ文化会館でも公演を打たれている。憧れの存在。

人形つながりですが、ひとみ座の人形遣い60年という良子さんと朝ごはんを一度、一緒に食べたのだけど、食べていた60分の間で生い立ちから芸の極意まで伝授されたのにはびっくりしたなあ。

IMG_3144.JPG
メキシコ公演と帰ってきてからの神戸ダンスボックスで行われる金粉ショウの稽古もしています。
posted by Mukai Kumotaro at 18:38| 日記