2018年10月22日

いよいよ

昨日は、十川英二さんに山の上にあるゴルフ場の高そうなレストランでランチを湯山と一緒にご馳走になりました。

美味かったなあ。俺はカツカレーで湯山はテールスープ。最後の和食と思って頼みました。前にも記しましたが、わたくしはカレーが大好物でして子どもの頃、誕生日におふくろさんが「何がいい?」と聞いたら「カレー!」

明石家さんまさんは、インド人もびっくりするというぐらいにカレーが大好物らしいですが、俺も負けないくらいに大好きです。

舞踏家になってからは、盆と正月以外は食事制限をしているので、カレーは食べられなくなりましたが。

それはさておき、メキシコへいよいよ出発です。まずはバスを乗り継いでから伊丹空港へ。伊丹空港から成田へまずは飛びます。飛びます。

成田で衣裳の富永美夏さんから新しい衣裳を受け取って真鍋淳子さんから新しいツンを受け取って、そのまま走って成田空港へGO.

コンビニで何かを買って、チェックイン。両替をしなければ。幾らするか?毎日朝飯と昼飯と晩ご飯は作ってもらえるようなので、酒代だけか。あとお土産代とでえーと。まあいいか。

さて出国です。ここでペットボトルを捨てます。これはテロ対策という名を借りた。まあいいか。長い列に並んで顔をジロジロ見られて、判子を「とん」と押されて無事出国。でもまだ日本なのか?曖昧な感じ。さあ一番面倒くさい荷物検査へ。

人を疑うのが仕事の人達にレントゲン検査されます。そろそろとゲートを通ったら「ピンポン!」。前にも記しましたが、わたくし幼き頃に右大腿骨骨折という大怪我をしてまして、足に鉄のボルトが入ってます。ので必ずゲートがなります。

なんだかヘンテコなテニスラケットみたいなもので身体を弄られます。
さて無事無実の罪が晴れまして、とそこに広がるのはお金をふんだんに持っていたら大騒ぎしそうな免税店。

散財しそうになるのをなんとか抑えて、ゲートを確認。ふーっとひと息。

続きは明日。

368FE96E-5AF4-4C82-9CDE-D6FFDADEDD3A.jpeg
教育長だった英二さんの五色町への貢献は計り知れないです。
posted by Mukai Kumotaro at 23:59| 日記