2019年01月29日

国?

国ではなく、人で見れればいいのに。

モンゴル対日本ではなく、モンゴル人と日本人。ではなくて、個人で見る。個人対個人。玉鷲対遠藤、とか。出身地はいいか。

差別しない。

ところで背骨は、からだのどこにあるか?

からだのうしろ側?背中?いいえ違います。背骨はからだの真ん中にあります。だと。by 『疲れないカラダの使い方』へえ。

『ぐうたら農法』面白そう。西村和雄さんか。畑の雑草を活かした新発想の野菜づくり。借りよう。

あっ、最近ものが増えるのが嫌で本は図書館で借りるようにしています。二週間借りられるので大抵は読みきれます。

買うと安心して読まないというのもあります。読み終わったら人にあげます。資料以外は最近は残さないようにしています。

50歳を超えていつ何があるかわからない。残されたものが少しでも楽になれるように身軽でありたい。

とか少し真面目ぶってしまいましたが、今日も一日、平和で良かった。とか記してる時に大地震がやってくるかもわからない。

けれど、恐れてばかりではつまらない。恐ければ怖いほど近づけだ。インへインへ飛び込んでいく姿に感動するのだ。これはラグビーの話し。

今日のビールはセゾンスタイル。セゾン?意味は、えーと。あれなんだっけ?

知らないのか俺。西武、セゾングループに散々お世話になっておきながら。とか考えながらローソンで買い物をしていたら店員さん、ダラジ(ネパール人)に新事実を聞きました。

「釈迦は、インド人ではなくてネパール人。」by ダラジ

ネパールで生まれて、インドで修行したのだな。

あの頃はまだ国がそんなに厳重に守られてなくて、行き来が自由だったのだろう。

いまももっと自由に行き来できればいいのに。というか国というシステムはなくなればいいのに。

戦争をなくすには、国をなくすしかありません。

戦争は、国に与えられた正当な外交手段だからです。

その昔し、第一次世界大戦の反省から国を越えて協力をしようと国際連盟がアメリカ主導でつくられましたが、ドイツや日本の脱退で頓挫した。

EUもヨーロッパ全体で大きな国、というような考え方だったけど脱退が相次いでる。

残念ながら、難しいのだな。地球全体で団結するには、宇宙からの敵が必要。黒船が日本にやってきて一つになったように。

IMG_0730.JPG
"saison"は、フランス語で“季節”。右、セゾングループ代表:堤清二、一人おいて左、デザイナー:田中一光。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:36| ブログ?