2018年08月09日

8月9日、その2

1945年8月9日11時02分、ナガサキにmk3型原子爆弾“ファットマン”が実戦投下された。

威力は長崎の方が上だった。

ヒロシマよりも罹災人員が少ないのは、当日長崎上空の雲が多くて、より多く死者が出る予定だった投下目標を外したからです。

プルトニウム239の核分裂反応によって初期瞬間温度は摂氏500万度となり、火の玉(fire ball)は直径280mに。

約10秒間の閃光のあいだに約30000人が即死。約28万人が被曝。

そこまで犠牲を払わないとパパさま(ローマ法王)は来ないのか?

長崎ではいまだに、あの原爆はナガサキではなく“浦上天主堂”という教会に罰で落ちたものなのだという思い込みが根強く残っている。

『鉄割アルバトロスケット』の長崎ツアーの時にそう知りました。

そして、世界有数のキリスト教国『アメリカ』は自らが落とした原爆の爆心地("Ground zero")がキリスト教会のお堂だったとは、口が裂けても言わない。

裁判長「愛と自由と平等なんていう理想をかかげながら、戦争や人殺しを何よりも好む奴ら。」
にんげん「はいはい、我々でーす。」

裁判長「化学実験につかわれるモルモットやウサギの命まで心配するくせに、毎日豚や牛や鶏を好む奴ら。」
にんげん「はいはい、我々でーす。」

裁判長「害虫という勝手な名のもとに自然のいろんな生物を大量虐殺し、人間の虐殺には目くじらたてる奴ら」
にんげん「はいはい、我々でーす。」

裁判長「映画やテレビの差別には涙して怒るくせに、そのあと平気でKKKの集会に参加する奴ら。」
にんげん「はいはい、我々でーす。」

検察官「キレイゴトを口にしながら裏では平気でおならをする。」
裁判長「死刑!」

検察官「自分のことは棚に上げて相手が同じことをすると怒る。」
裁判長「死刑!」

検察官「良いことも悪いことも全て他人任せ自分の頭で考えない。」
裁判長「死刑!」

検察官「差別反対と口にするけれど、裏腹に死体にまで差別する。」
裁判長「死刑!」

検察官「全ては自分の利益のため、自分のことしか考えていない。」
裁判長「死刑!」

検察官「嘘を嘘で塗り固め、また嘘をつきそして永遠に嘘をつく。」
裁判長「死刑!死刑!死刑!」

にんげん「はいはい、我々でーす。はいはい、我々でーす。それが、我々でーす。それが、にんげんでーす。」
〜『ぴちがい裁判』

mad_14.jpg
『ぴちがい裁判』@こまばアゴラ劇場 photo by bozzo.
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 12:30| ブログ?