2019年06月06日

完了

親友、奥村勲の引っ越しがだいたい終わりました。

吉祥寺から引っ越し先の小平の家へと荷物を運び込んでしばらくして、奥村君からSOSの応援要請。

ベッドが届くのでその動線を作りたいとか。了解。すぐに駆けつけます。

ちなみに新居は、田無の家から自転車で20分くらいです。

多摩湖遊歩道をずーっと走っていくと到着するとっても気持ちのいい道程です。しかも最近、異常に爽やかなのでより一層いい感じ。

外観はまだまだ手付かずですが、部屋の中は素敵に綺麗な部屋だったのがゴミ屋敷になっていてびっくり。仕事が朝から晩まであるので、片付ける時間が全然ないのだな。

ベッドが届く前に集中して片付けはじめます。

まずは玄関からベッドを置く和室の部屋までの動線を作ります。

とにかく要るものと要らないものとを分けて、ゴミも燃えないごみと燃えるゴミに分別します。

こういう時は要るのか要らないのか?どんなものでも聞くのが大切です。どんなにゴミに見えても、本人にとっては大事なものだったりするからです。

これは色んな所の片付けで経験済み。自分で判断せずにいちいち尋ねます。

bungakuza.jpg
文学座の養成所時代か。左:小林成男、真ん中:戌井昭人、右:奥村勲。20代だな。シゲオはカッコイイ、戌井君は男前、奥村君は可愛い。

何とか動線を作ってベッドが到着。ダブルベッドでとても一人では組み立てられないような豪勢なものなので、もし一人だったら大変。

だいたいダブルベッドは、二人いるから必要になるもの。これからそうなるという夢も含めて、組み立てているような気がして気分は悪くない。

引っ越しは最初が肝心、なし崩し的に生活がはじまると掃除もままならなくなったりします。ベッドを置く前には掃除機をかけてとかとか。

仕事が休みだとかで連日出動、グイグイ片付けていい感じ。猫部屋のマットも敷いてキャットタワーも組み立てて、ほぼ完成という感じで終了。

あとは仕事終わりにシコシコとやれば何とかなるでしょう。良かった。

しっかし4階で見晴らしがいいので気持ちがいい。田無ものどかでいい所だけど、小平や萩山ぐらいまでいくと高い建物が無くなってよりのどか。

窓を開けるといい風が入ってくるので、これで風向きが変わって役者でどんどん売れていけばいいのになあ。と思いました。

これから生活環境もガラリと変わっていくでしょう。

運もどんどん変わっていくことを願います。

名称未設定 1.jpg
レニー・クラビッツの貴重な生サイン入りアルバムをもらった。ファンなので女房にプレゼント。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:50| ブログ?