2019年08月01日

ベルリン滞在、11日目

昨日は古谷の家に泊めてもらって朝、パートナーのかなこさんを空港へと見送りました。

サマーヴァケーションで日本へと帰るということで、慌ただしくバタバタと出かけて行きました。

先ずは豊洲で友だちに会って、東京で仕事を終わらせてから故郷、静岡へと向かうとか。

楽しんできてください。

入れ違いで、湯山大一郎が成田からドイツへと向かっているはずです。

かなこさんを見送ったら、古谷と散歩します。

川岸をぶらぶらと歩きまして、途中友だちに会ったりしながらぐるっと一周しました。

IMG_4293.JPG
まるでハックルベリーフィンのよう。「ブルーリン行きます。」言うてた。

ここベルリンは都会なのに自然豊かで、気候も過ごしやすくて気に入りました。あらゆるものが、いちいちスケールが大きくて清々しい。

皆さん、それぞれ自由に過ごしています。個人主義というか人は人、自分は自分。という考え方が徹底している感じがして気持ちがいい。

道ゆく人も個性的で面白いです。警官が全身刺青だらけでかっこよかったり。

散歩をしながら、古谷に最近やっているベルギー人とのパフォーマンスの話を聞きました。ジャングルジムをつくってそれを解体するとか。

話だけ聞くと、無駄なことをしている。しかしその無駄こそがひとの人生を大いに豊かにしてくれる大切なものなのです。

いかにその無駄をつくり出すか。遊び、余白と言いかたは何でもいいですがその無駄を許容できないような社会はつまらないのです。

古谷は最初は、大駱駝艦の先輩・海田勝さんのところで活動をしてました。そのあと星野建一郎の主宰するグループで活動してました。

舞踏の魂が注入されていますが、いまは舞踏家というよりもパーフォーマーとして活動をしています。

今日はベルギー人とのリハーサルがあると出かけて行きました。

いろいろとお世話になりました。「ありがとう!」

こちらは少し家に残らせてもらってブルーリンへの移動に備えます。カリキュラムのことを考えたり、こうして『ブログ?』を記したり。

洗濯は無理か。お礼に家を掃除して片付けます。

ほこりをかぶってるものはほこりを払って置きなおしてみます。昼は頂いたタイラーメンを食べます。

昼過ぎに家を出て、地下鉄で移動して吉岡由美子さんと合流して少し打ち合わせをしてからブルーリン城へと移動です。

ブルーリン城か。どんなところだろう。

IMG_4309.JPG
半年間預かっているという“ルナ”。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 08:57| ブログ?