2019年08月29日

はじまるぞーい

さあ、ザ・スズナリ劇場入りしました。

「世界で一番好きな劇場。」by わかぎえふ

スズナリは、風情があって情緒があってとっても素敵な劇場です。今回もお世話になります。

「よろしくお願いします。」

鉄割アルバトロスケットの本拠地は下町、根津の『宮永会館』です。

ですが、宮永を借りるのが難しかったり収容人数の問題などありまして、スズナリ劇場に出張公演しております。

昨日は、朝から舞台を仕込みまして、飾り付けをしたり小道具をつくったり衣裳を選んだりしました。

夜は練習をしましたが、何のための舞台稽古なのかはっきりしないまま進みましてそれもまた鉄割らしい。と思ったり。

衣裳をはぎのみどりさんに依頼していまして、豪華な衣裳をつくってもらったりします。

ひと公演ごとに衣裳をつくってもらうのですが、その公演でしかつかわなかったりしてその後、衣裳は他の演目へと流用したりします。

そのめちゃめちゃな流用の仕方もらしいなあ。と思います。みどりさん的には残念かもしれませんが、衣裳というのは買取みたいなところもあるので仕方がありません。

俺はつくってもらった衣裳は自己管理していますが。

いっぽうごみみたいな衣裳もあったりして、その落差やギャップも鉄割らしい。

ごみみたいな衣裳の中にトップブランドの服もあったりして驚きます。ゴルチエやポール・スミスなんてのも混じっていてしかし、それも他の衣裳と同様に扱われます。

むかし、小林成男“しげちゃん”が細川たかしさんに借りたというめちゃめちゃ高い衣裳を着ていたことがあって、そんなことがあるのも鉄割らしい。

「幼稚と至上、華麗と簡素、精緻と単純、すべて相反するものが楽々とまじりあい、とけあい、ゆるしあって飛翔しつつ定着されている。」by 開高健

これは、小説『夜と陽炎』の中で開高さんが感動を文章化したものですが、鉄割を表現するのにもぴったりと合っているなあ。と思います。

さあ、そして今日はいよいよ開幕です。

初日だからとか力が入らないように、リラックスしつつ全力で駆け抜けるのです。

鉄割アルバトロスケット
ザ・スズナリ公演『うぬ』

皆様ありがとうございます!お忙しいところ恐れ入ります! 色々な言い方でお伝えします!

この度の公演「うぬ」今からのご予約が【可能】なのは、この三回です!

8/29木曜日19:30
8/30金曜日19:30
8/31土曜日19:30

どうぞご検討ください! 宜しくお願いいたします!
(東陽片岡さんのツイッターより)

45361606_501115407059621_2742971106660016965_n.jpg
「皆さま、お待ちしております。」湯浅さんと出会って出演する契機になった松本のイベントより。photo by Instazu.
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 09:31| ブログ?