2019年08月28日

瞠目

昨日は、練習の前に戌井君の六階の部屋へ行って衣裳をピックアップ。

リスの役が多いので、その衣裳を探します・・・52歳のおっさんがリスの役って。

でもそれでいいのです。良い加減で適当でいいのです。そういえば今回、眼を見張る瞬間が結構あります。

戌井君の突然、気が狂ったみたいになるのは毎日ですが、東陽さんが最近いいのです。

前は「大丈夫かいな。」とか心配になったりしてましたが、今回友人の湯浅さんが出演するので気持ちが乗っているようです。

そう今回、音楽評論家の湯浅学さんが出演します。

けれどずーっと練習をお休みしてて大丈夫かいな。大丈夫なのです。

そんなことは御構いなしに鉄割は、役者も音楽家も舞踏家も統合失調症、漫画家、音楽評論家もぐるぐると巻き込んでこれでいいのだ。

あとは古澤君がいいのです。前から面白い人ですが今回、だんだんスパークしています。

南辻君は自然な笑顔で場を和ませます。裸の大将、山内とガリガリ俳優、中島朋人の玉川大学ブラザーズはすでに大物の貫禄で要所、要所を締めてくれます。

田村一行の同級生、田山雅楽子“うーちゃん”は少年役をやらせるととってもキュートです。美人さんですが中性的な雰囲気があるのです。

犬じるしのよだれミュージシャン・村上陽一は渋いブルーズとかっこいいギターを聞かせてくれます。チャーミングな浮浪者にも変身します「わん」

精子が一般成人男性の100倍いるという噂の踊る弾痕・渡部真一は、いつも通りの大声とパフォーマンスで他を圧倒します。

もちろん、令和の喜劇俳優・看板、奥村勲も健在です。ですが、いつものように練習ではまったく本気を出さないので存在感は雑談でだけです。

しかし、ひとたび本番になると突然トップスピードに入るので気が抜けません。奥村君の豹変を見ると本番がはじまったなあ。という感じがするのです。

松原東洋と湯山大一郎と向雲太郎と舞踏人口が多いですが、踊るというようなことはあまりしません。リスだったりミニクティだったりオカマだったりします。

そんなメンバーで今日は劇場入り。

いつもより仕込みの日数が少ないのでたいへんだぞ。人がたくさん集まることを願います。

はじまったら、俺と戌井君とミサをさんだけだったことがあったもんなあ。なぜかNHKのかまのさんがいて手伝ってもらったっけ。

でも、そんなことも鉄割らしいのです。

inui_papa.jpg
真ん中で子どもを抱いているのが、玉川大学芸術学科演劇専攻の一期生、戌井祐一さん。ちなみに子どもは戌井君。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 06:45| ブログ?