2019年10月04日

いろいろ

昨日は、まず起きて坐禅を組んで集中し玄米を頂いて『ブログ?』を記して、さまざまな家事をこなしてから奥村君の家へ。

愛猫“千太郎”の顔を拝見するついでに包丁を二本研ぎました。研いでこそ包丁、切れない包丁をつかっていると五感が鈍ってくるので要注意。

結局、片目を「チラッ」と見て低い姿勢で走っていく背中を見ただけでした。尻尾垂れてたなあ。

怖がる千太郎に気をつかって奥村家を早退、遊歩道を自転車で移動します。

image1-2.jpeg
片目を見せる千太郎。今回はもっと隠れてました。

一度、家に帰って玄米おにぎりと漬物をもって公園へ。

松原東洋と打ち合わせです。

打ち合わせしようと連絡したら「では田無の喫茶店へいきます。」いうので「はあ?子どもできてたいへんなんちゃうんか?」と公園で打ち合わせしようと提案。

公園のベンチで十分。広いし気持ちがいいし、わざわざ金払って狭いところへいって紅茶飲んでお腹が「ちゃぽちゃぽ」になるなんてあほやで。

「打ち合わせは、喫茶店で」みたいな思い込みがある。舞踏家のくせして頭がかたい。

それはさておき、超一流のビジネスマンは二人きりでは会わないそうです。しかも向かい合って話すなんてことはしない。向かい合うときはお酒が必要になります。

世界の首脳クラスになると必ず並んで話します。向かい合って話さなくていいので酒なんてなくてもリラックスして話せる。

スティーブ・ジョブスは打ち合わせ相手を散歩に誘ったとか。二人で並んで歩きながら何億円、何兆円なんていうビジネスの話をする。

同じ方向を向いて話すことで共犯者意識を持つことも出来るのだとか。そうやって考えると、一緒に旅をするなんてのは究極の共犯者かもしれない。

公園のベンチで素晴らしい景色を眺めながら、小学校でのワークショップに思いを馳せます。

まずは「自由にしてみよう」何かをしてもいいし何もしなくてもいい。戸惑うだろうな・・・戸惑うのもまたよし。状況を見ながら寝転ぶ方向へと持っていっても良いか。

すべてを忘れて空っぽになる。そこから・・・12月だからまだいいか。

東洋と別れて家に帰ってDillにメールを送って、城崎でつかう狐の面を注文してユーロのレートを確認して各金融機関へ電話して売却は幾らになるか確認します。

そうこうしてたら出発時間が過ぎていた。

慌てて武蔵境へと自転車で向かいます。武蔵境から吉祥寺へといって、そこからちょっと寄り道をしたりしながらダンストラックでつかう白塗りを新宿で買います。

城崎でもつかうので二つ購入、スポンジも買ったら7,000円近くになってしまった。大駱駝艦の頃は白塗りがそんなに高級だとは思ってなかった。独立してはじめて知ることは多いです。

重たい白塗りをリュックにぶち込んで、今度はユーロを両替するために秋葉原へと急ぎます。途中外国の方がたくさんいて異国気分を味わいます。

ドイツでの仕事の報酬をユーロでもらったので動向を見ていました。

イギリスがEUに残るのか残らないのか、それによってユーロが変動してた。イギリスのEU離脱が避けられない感じでユーロが下がり続けているので両替しました。

さて最後は今日のメインイベント、奥村君に誘ってもらったスーパーデラックスのマイクさんの企画です。

鉄割でご一緒した湯浅さんのバンドとスイスからきたバンドが演奏するとかで、秋葉原から小岩へと移動。

湯浅さんのバンドは『湯浅湾』といってドラムベースギターというスリーピースに湯浅さんがボーカルという構成です。

バックのプロの超絶演奏と湯浅さんの素人感が融合したいいバンドでした。

そしてスイスのバンドの登場です。スリーピースで、今日が日本ツアーのオープニングだとか。

IMG_4488.JPG
リーダーなのかな、赤い帽子が素敵で映画『パリテキサス』のハリーディーンスタントンみたいでダサかっこよかった。

バンド名は“シュネラートラーマイヤー”それぞれの名前を並べたとか。

最初は抑えたリズムを三人で刻み続けて、ミニマルなところからだんだん盛り上がってくる。その盛り上がりも抑えた感じで心憎い。

センスがいいのだな。服装はダサいのだけど演奏はカッコいい。そんで楽しそうだった。

確かな才能を感じつつ「世界には面白い奴がいるのだなあ。」と感心。感動して帰宅しました。

「マイクさん、奥村君ありがとう。」

動画が縦になってしまって、編集を試みたけど難しかった。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 11:21| ブログ?