2019年10月14日

雑記

「考え方を売るのです。」

まずは売り方を考える。どうやったらこの製品は売れるだろう。常識を疑っていって新しい考え方に思い至ったら、その考え方を売る。

「好奇心を失うな。」by 盛田昭夫

morita.jpg
ソニー創始者、盛田昭夫と芸術家たち。

1日1%の成長をする。

まずは“手書きの日記も毎日書く”

毎朝、今日の成長について考える。毎晩、飲む前に今日の成長について反省する。それが出来たかチェックする。

1日1%づつ成長できたら1年後には大変なことになっているでしょう。愉しみ・・・

1日1%ならば、ほんの少しのことでいい。少しづつ何かを足していく。または少しづつ何かを削ぎ落としていく。増やして成長するのもありだし、減らして成長するのもあり。

最近毎日、新聞を買っている。あいちトリエンナーレについては、多角的に意見や情報を知りたいと思い色々な新聞を買って丁寧に調べて考えた。

擁護している朝日新聞はもちろん中立の毎日新聞、安倍さんが「読売新聞を読んでください。わたしの考え方はすべて書いてあります。」と答弁した御用新聞、読売も読んだ。

朝日の論調はヒステリック過ぎて大袈裟、毎日はやや擁護、読売は記事なし。

そんななか週刊新潮が結構攻撃していて驚いた。文春は反政権で新潮は政権寄りなのか。ニコ動の生々しいやり取りを掲載していた。

tsudacchi_400x400.jpg
津田芸術監督への報酬は、総額858万円。すべて税金。Photo by Google.

津田「現物を、展示すると。公立美術館で撤去されたものを、『表現の不自由展』という展覧会を持ってくるWてい"にして全部展示してやろうというそういう企画で。

おそらくみんな全然気づいてないけど、これが一番やばい企画なんですよ。おそらく、政治的に。」

東「やっぱり…天皇が燃えたりしてるんですか?」

津田「ああ・・・そうね・・・うふふふ(笑)」

東「天皇制にはどんなお考えですか?」

津田「まあ天皇というのは一つタブーになって撤去されるという事例があって、それは広く知られているので、それはこの展覧会でもモチーフになる可能性は、あります。」

東「えーっ!こんな令和でめでたい時に?」

津田「令和の今だからこそ、違った意味を感じ取れるとも思うんです。」

東「人々は新しい元号ですごく前向きな気持ちになってるときに、税金でそういう…やるのはどうなんですかねえ?」

津田「二代前じゃん。二代前になると人々の記憶も、二代前だし、歴史上の人物かな、みたいな。そういう捉え方もね。」〜ニコ生対談4月8日“津田大介と東浩紀による『あいちトリエンナーレ2019が始まってもないのに話題沸騰してるけどその裏側を語る...』”

ちなみにこの発言に対して津田氏は謝罪したとか。吐いたツバ飲まんとけよ。かっこが悪い。

台風一過、52河川の氾濫。まだまだ被災の全容は明らかになっていない。明日は我が身、いつ何がどうなるか一寸先は闇。

「周りが育てば障がいはすべて個性に変わる。」木村泰子著作『「ふつうの子」なんて、どこにもいない』より

3eee553aad23407b89f97e8a025bc6e5.jpg
「あんたが行かれへん学校が間違ってんねん。」木村泰子、大阪市立大空小学校初代校長

発達障害というレッテルはいらない。それぞれ皆んな個性でいい。それでいい。

そして普通の人なんていない。皆んな病気。

スクリーンショット 2019-10-14 9.26.11.png
観戦してたけど途中で寝てしまった。日本代表、スコットランドに勝利。しかし騒ぎすぎちゃうか『君が代』歌いながら泣いたり異常。オリンピックが思いやられる。撮影:松永渉平
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 10:10| ブログ?