2019年10月07日

今後の予定

まつもと演劇工場のワークショップが明日なので毎日、カリキュラムを考えています。

前回いい感じだったので、明日もそのままいきたい。どうなるか。気負わずにのぞもう。

10月12日(土)のダンストラック本番も近づいているので、食事制限に入っています。食事制限で摂取カロリーを控えてからだをうごかして消費カロリーを増やします。

そんで公園へいってトレーニングをしています。無料だし広いので気持ちがいい。ただし人がいて気が散るので、直前になったら稽古場を借りよう。

稽古場といっても近所の公民館ですが。こちらも無料。

トラックの中からはじめたかったが、出入り口がないようなので外から入ります。お客さんの前を通るので狐の面を頭につけて楽しませよう。子どももいるのでどうなるか楽しみ。

音楽は生音がいいので、松本じろにギターをお願いした。

0f559c6e840c6fe7a0f3662f2d0482c0.jpg
松本じろ。ガットギター奏者、舞台音楽家。

じろちゃんは、とってもかっこいい硬質のギターを弾くミュージシャンでしてさまざまなダンサーと競演しています。

一番多いのは、奥さまのコンテンポラリーダンサー・黒田育世さんとの競演か。

トラックの上でギターを弾くとカッコ良さそう。孤独なけものの世界がつくり出せたらいいなあ。

しかしたったの15分なので気は楽。

前回の足立のダンストラックはまわりに何もないし、屋台も出てないのに途中1時間も休憩があってあたまがハテナになった。しかも雨が降ってくるし。

今回は“TAMARIBA”というお祭りの前夜祭なので屋台もでるみたい。川沿いなので気持ちがいいぞ。しかし天気が微妙。

そして城崎国際芸術センターでの滞在制作が、あと一ヶ月と迫ってきています。

初日から神社で金粉ショウをやるので、その前に淡路島都志にて合宿をして稽古します。

金粉はあんまり心配してません。目的は、滞在製作中の食費と生活費を投げ銭で稼ぐこと。エンターテイメントに徹していっぱい稼ぐぞ。

二日目は今回の採択された理由である『舞踏?レクチャーパフォーマンス』をやります。こちらは、新作なのでたいへん。

昼にレクチャーをやって夜は金粉ショウ。三日目、四日目は子どものワークショップ。こころとからだを遊ばせます。同時にレクチャーの内容を考え続ける。

五日目は休館日なので休み、かなこが神楽坂セッションハウスでの本番を終えて合流。金粉の稽古は湯山に任せて俺はレクチャーのほうを考えよう。

_DSC6098.jpg
『神楽坂セッションハウス』でもピンポンの作品をやるようです。ダンスネームは"Haru" photo by Peter van Heesen.

かなこが増えて、レクチャーパフォーマンスに新しい風が吹くか。金粉ショウは女性が二人になって華やかさが増すので投げ銭に期待。

11月13日は、大人のワークショップ。14日は、レクチャーパフォーマンス、15日は金粉ショウを二回、16日は昼にレクチャー、夜に金粉、17日は昼にもう一度金粉ショウをやって温泉に入って疲れを癒して解散の予定。

しかし予定は未定、どうなるか乞うご期待。

城崎が終わったらすぐに、まつもと演劇工場三回目、四回目。

12月は子どものワークショップをやって、22日(日)はバンド“潮田和田”のライブ、雲太郎はパフォーマンス担当です。

潮田雄一君はいまはソロで活動中。村上君や池間さんともライブをやっていて、先日の渋大祭の鉄割にも演奏で参加してました。


和田君はキングブラザーズを経てダイナマイト・マスターズ・ブルース・カルテット"DMBQ”“巨人ゆえにデカイ”のドラムを叩いています。

そうこうしてたらもう年末か。はやいなあ。

名称未設定 1.jpg
『巨人ゆえにデカイ』ドラムス和田晋侍。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 10:43| ブログ?