2019年10月16日

らぐびーとあいちとたいふうと

W杯ラグビーで日本がスコットランドに勝利して日本中が浮かれてましたが、ちょっと騒ぎすぎだったのでは。

途中まで観戦して寝てしまったけれど日本が世界8位でスコットランドが世界9位で、ほぼ互角だったので激戦だったようです。しかし順当な勝ちだったとは言えるかもしれない。

最近思うけれど。ラグビーというのは面白いです。サッカーよりも面白いかもしれない。

ボールをどんどん皆んなでつないでいく集団戦だから面白いのか。サッカーはもう少し個人プレーが多い。

前にボールを投げてはいけないというルールもさることながら、倒れたら手を使ってはいけないとかよく考えられている。

面白くなるように試行錯誤を重ねてルールも工夫をしている。

しかし「ラグビーってこんなに面白かったかな。」と思う。昔はラグビーといえば、もっと団子になってもつれあって何をやってるかわからない。という印象だった。

そうやって考えてみると、上手い人のプレイはボールがつながっていくから惹きつけられるのだな。

あと力が互角だと白熱するけれど、力の差が歴然だとサッカーよりも一回に入る点数が多いので点差がとんでもないことになる。

70対0とか平気でなるものな。

次は南アフリカ戦。世紀の番狂わせとかいって勝ったのは、たしか南アフリカではなかったか。あの頃よりも世界ランクも上がっているし今度勝てば本物。

そんな中、中止になった釜石でカナダ代表の選手たちが試合の代わりに泥かきや家財の運び出しを手伝ったとか。偉いなあ。

そして、なんとあいちトリエンナーレがもう閉幕したとか。

もめるだけもめてすっきりとしない感じで終わった。芸術監督はしきりに「レガシー」と自分の功績を強調してたけれどなんなんだろう。

当初からハードルの高い芸術祭だと専門家から開催を危ぶまれていたけれど、芸術監督が自分の興味を優先させて強行した結果があの大混乱だった。

朝日新聞で天皇の肖像を燃やした作家がインタビューを受けていたが、なぜ天皇にこだわるのか説得力がなかった。自身が戦争に行ったとかならわかるけれど。

自分の中の天皇を葬る行為とか答えてたけれど、そんなに重要なものなのか?よくわからない。そして言葉で作品を説明しなければならないのは恥ずかしい。

「芸術監督がどこまで理解してるかは知らない。」とも答えていた。

朝日は擁護してるはずなのに「正直よくわかりません。」とインタビュアーに突っ込まれてて辛い感じだった。

芸術とは何か?芸術は必要か?芸術は可能なのか?

台風19号の被害が止まりませんが、被害は「まずまずに収まった。」と失言した幹事長。自分のまわりだけで判断してしまう人間の典型。

こんな人がこの国の中枢で威張ってるのだものなあ。

5da2c613210000e706344a2d.jpeg
道路に流れ込んだ泥をかき出すカナダ代表の選手たち。2019年10月13日、岩手県釜石市。ラグビーワールドカップ2019組織委員会のTwitterより。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 11:25| ブログ?