2019年11月16日

一般公開二日目

昨日は、午前中に土方さんのトレースの練習をする予定だったけれど、かなこが体調が悪く全体稽古はお休み。

自分は『ブログ?』を記したあと、皆んなのために買い出しにスーパーへ。天気が良くて気持ちがいい。はじめてゆっくりと町を散策。

都志の英二さんとみっちゃんと住吉堂さんにお土産を買ったりして、その後スーパーへ。今日は2時から一般公開で買い出しが出来ないので食材を色々と買います。

昼はちゃんぽん麺にして、今日の昼は建一郎の奥さま、志帆に差し入れて頂いた美味しいパンがあるのでそれを食べよう。

戻ったら11時過ぎだったので、お昼の用意を今井さんとはじめる。皆んなでちゃんぽん麺を食べて「ご馳走さま。」少し休みます。

最近昼休みは、来年振り付けをするので源氏物語を読んでいます。原作は難しいので田辺聖子さんがお書きになった『新源氏物語』を読んでます。

好きごころの多い源氏は浮気者。兄貴の奥さんやあとは複雑すぎて忘れてしまったがもてもての美しい男。いまの俳優さんで言ったら誰かな。

天皇の息子だから血筋もとんでもない。いまの天皇家にこんな男がいたらスーパースターだったのだろう。華やかに活躍して浮名を流して。イギリスの皇太子たちみたいになっていたのか。

そうやって考えるといまの天皇家の方々は、品行方正を世間から求められて真面目すぎて生き辛い感じがする。お金の心配をしなくていいのは羨ましいけれど。

さて午後は吉田さんが撮ってくれた映像を皆んなで観てそれぞれ反省。全体の時間が少し長いのでカットするところはしてテンポアップするところもつくろう。

ラストはどうするか・・・2020年までの宿題か。

映像を観たらホールへといって稽古をします。と思っていたけれど、かなこの具合が相当悪いみたいなので予定を変更、照明を三木さんとつくっていきます。

頭のシーンから明かりを見ながら決めていきます。いまどき珍しい手動のフェーダーだった。だいたい最近の照明は自動で「いま打ち込みます。」いうて一回打ち込むと変更が効かないくて融通がきかない。

手動のフェーダーはゆっくりとゆっくりと機械では無理なぐらいに、微妙に明かりを上げられたりするので面白いのです。

暗いところもつくってもらったりしながら終了。「よろしくお願いします。」

かなこがいないので全体の稽古も終了。明日の夜は鍋にしようと建一郎の車で買い出しへ。湯山がアラ煮をつくります。いうて張り切ってた。

アートセンターへ戻ってアラ煮を仕込んでこちらも高野豆腐を含め煮にして、温泉へ。

昨日は金曜日ということで人が多かったのでいつもの鴻の湯へ。鴻の湯は温泉街から少し離れているので人が少なくていいのです。

温泉的にも大きな露天風呂があったりと雰囲気がいいので気に入っています。

ここ城崎温泉は、ほんとうに現実とは思えないぐらいに風情があって素晴らしくて、これからもっと盛り上がっていきそうな予感に満ち溢れています。

晩御飯にはかなこもあらわれて良かった。偏頭痛がひどいようでしかし部屋から出ると治るとか。部屋になにかあるのかもしれない。そこの部屋だけWifiがつながらないとか言ってたし。

今井さんの部屋で一緒に寝てみたらどうかと提案。どうだったかな。

さて今日は2時から一般公開。そして明日でここ城崎ともしばしのお別れです。

残念なような嬉しいような複雑な気分です。

1_IMG_2177.jpg
鴻の湯。外湯の中で最も古くから開けた湯で、舒明天皇の御代(1400年前) こうのとりが足の傷をいやしたことから発見されたといういわれにもとづいて名づけられた。山の湯風をとり入れた素朴な様式の建築で町の奥深く街路から離れた閑静な湯で、散策をかねた入浴に適している。〜ホームページより。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 09:43| ブログ?