2019年11月30日

作業色々

昨日は4時半に目が覚めてでももう寝たいと思わなかったのでそのまま起きて歯磨き洗顔、前の日の洗い物をしてその後朝の勤行。

まだ暗いので仏壇のぼんぼりをつけると美しい。仏壇の中は立体曼荼羅になっています。

だんだんと日が照りだしたので、カーテンを開けて合宿の溜まっていた洗濯をする。山盛りのシーツを干したら庭の木の手入れをします。プルーンの木を刈り込みもう。

IMG_4627.jpg
プルーンの木に洗濯物を干す。

手が届くぐらいまでで低く刈り込んでいくけれど、刈った木を切り刻んでゴミとして捨てられるようにするのが一苦労。握力がなくなってきたので一服します。

音楽を聴きながら休憩。最近は"INSIDE AMERICA”の“CAN YOU FEEL IT SUPER STRUT Volume V"がヘビーローテーションです。

この音楽はいったいなんなんだろう?

レコードジャケットに何も書いてないしラベルは真っ白と真っ赤。ジャンルがまったくわかりませんがノリがよくてカッコがいいのです。

どこで買ったのかもまったく覚えていない。

聴きながら踊りの練習をします。ノリすぎず内燃する稽古です。12月のライブはどれぐらいやるのだろうか。

ドラムも全身をつかうけれど、踊りも全身をつかいます。でもペース配分なんて考えずに飛ばしていくぞ。

そのあとは室内の作業を少しやります。

いい火鉢が二つあるので一階と二階で使おうと配置。そういえば朝ドラが火鉢の話だったな。都志の火鉢もなかなかいいものです。

IMG_4629.jpg
昔はこの火鉢でカニを飼ったりしていた。

そのあとはお墓参りへ。

墓守も自分の大切な仕事です。高野槙をお供えしようかと思うけれど庭の椿にしようと閃く。椿を切って持っていきます。

木谷家は先先代が呉服屋で大成功をしていたので、お墓は結構大きくて石は高野山から持ってきてお坊さんも高野山から呼んで祈祷してもらったりしていたとか。

その隣にさらにでかいお墓があるのですが、すすきが生い茂りすっかり寂れてしまっています。誰もお墓参りもしないし墓守もいないのだな。

木谷家の墓に対抗するように真横にでかいお墓をつくってお金があった人だろうけれど栄枯盛衰。

椿をお供えしたらいい感じで掃除して線香をあげてお祈りして帰ります。お供えしてあった高野槙を捨てようとするけれど、まだ青々としているので庭に挿し木をしようと思いつく。

高野槙は長持ちしますが、高級なので毎度毎度お供えするのに庭に植わっていれば便利です。なので持ち帰ります。

IMG_4631.jpg
さあ、根付くか楽しみ。

一旦家に帰って高野槙を水につけて、そのあと海までいって庭に敷く石を拾います。

照子姉さんが「庭をぐるりと取り巻くように道をつくれたらいいのだけど。」と言ってたのでその理想を叶えるべく働いています。

庭をぐるりと取り巻くように石を敷き詰めるのです。この作業はまだまだはじまったばかり。のんびりやろう。

廊下の天井画も今年は書けなかった。来年だな。

IMG_4624.jpg
謎のヘビーローテーションアルバム。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 09:21| ブログ?