2020年01月27日

人は嬉し涙を流すまで旅人

徳勝龍、良かったなあ。もらいな泣きしてしまった。

大相撲初場所は14勝1敗で徳勝龍が幕内最高優勝、大番狂わせの結果でした。

正面解説の北の富士さんもびっくりの幕内17枚目での優勝。幕尻の優勝は2000年春場所の貴闘力以来で20年ぶりらしい。

彼は奈良県出身だそうで奈良出身の力士の優勝は98年ぶりだって。ほぼ100年ぶり。同郷の麿さん喜んだかな。忙しい身なのでそれどころではないか。

入門して11年、いまは33歳だそうです。高齢での初優勝も第3位。33歳で高齢か・・・たいへんな世界だな。

同期に稀勢の里や豪栄道がいたりと、いままでは目立つ存在ではなかったとか。しかも十両と幕内を行ったり来たりしてた。

向正面解説の舞の海は取組前に立会いの変化にも言及していたけれど、今回出場力士の中では一番強い最高位の大関、貴景勝相手に真っ向勝負。寄り切って文句なしの初優勝だった。

勝った昨日、そして今日あたりは日本の主役だな。一躍、時の人。記者会見に取材攻勢、後援会と乾杯、祝電にお祝いにご祝儀に優勝パレードに、etc...etc..

場所中に近畿大学相撲部の監督、伊藤勝人さんが亡くなってその弔いのこころもあったようです。

舞の海が「目に見えない何かが背中を押しているような見事な相撲だった」と言っていたが、徳勝龍も優勝インタビューで監督が土俵にいてくれたと話していた。

亡くなった恩師が目に見えない部分でも、実際に彼の中でも力を貸してくれたのだろう。それぐらいにいい相撲でした。

徳勝龍のインタビュー、人柄がにじみ出ていてとっても素敵だった。笑いあり涙ありで感動しました。

場所中は「優勝はまったく意識していません。」とか言っていたらしいが、インタビューでは「ウソです。メチャメチャ意識しててばりばりインタビューの練習をしてました」と笑いをとっていた。

「関西人だねえ」by Kitanofuji.

正代との優勝決定戦も観てみたかった。正代は残念でした。しかし本割で負けているのでしかたがない。

北の富士さんが「もつれればもつれるほど面白い」と言っていたように、徳昇龍には申し訳ないけれど取り組み前は「貴景勝、大関の維持を見せろ」と思っていました。

去年の初場所の覇者、玉鷲は今場所負け越し。

若手の台頭と両横綱の力の衰えで、次の場所もどうなるかまったくわからない大混戦の戦国模様は変わらない。

「もう33歳ではなく、まだ33歳と思って頑張ります。」徳勝龍は力強く答えていた。

IMG_4690.jpg
「おめでとう」Photo by 朝日新聞
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 10:01| ブログ?