2020年03月27日

買いダメ

東京都知事の突然の外出自粛要請の影響でスーパーが大変なことになっていました。

不要不急の外出自粛・・・必要な用事ではなくて急ぎではなかったら外へ出るな、か。了解です。

そろそろお昼、必要なので、材料を買いにスーパーへと向かいます。すれ違う人たちが大量の買い物袋を持っていて、外出自粛に向けて買いだめをしているのかと思う。

スーパーへといったら自転車置き場が溢れていて嫌な予感・・・

中に入ったら、先ずはインスタントラーメンが完全に売り切れて棚がからっぽになっていた。お昼はラーメンにしようかと思ってたけど残念、断念。

続いて米、パン、牛乳、缶詰やソバ、スパゲッティーの乾麺類、冷凍食品と肉がすべて売り切れて棚がガラガラになっていた。肉は何故だろう?

お酒売り場ではアサヒスーパードライが売り切れていて一本もなかった。あいかわらずの人気者だな。

そうしてレジへといったら見たこともないぐらいの大行列で驚愕「しまった」と思うけれど、カゴの中のものをすべて元に戻す手間を考えてあきらめて列に並ぶ。

「奪い合えば憎しみ合う 分け合えば安らぎ合う 奪い合えばまだ足りず 分け合えば少し余る」@Qnakasendo

買い占めか・・・嫌だなあ。思いやりのかけらもない自分だけがよければという行動なのです。

自分の前に並んでいる人はネギ一本とジュース一つだけ手に持って行列に並んでいて気の毒だった。ネギ一本とジュース一つを買うためにあんなに並ぶなんて。

いままで家で外出自粛をしていたおじいさんおばあさんが、この騒ぎで大挙して買いだめのためにあらわれたのだな。

都内のほかのスーパーでもまったく同じことが起こっているのでしょう。そうしてこの大混雑、大混乱でウィルスは確実に広まっていっている。

外出自粛なんてとっくにしているし、ずーっとなにもかも自粛している。これ以上どうやって自粛しろというのか?

まったく逆効果で、まと外れな外出自粛要請です。

咲き誇る桜の花を見ながら不思議なウィルスというものについて考えを巡らせながら自転車で帰ります。嫌われもののウィルス。でもウィルスは人間が大好き。

ウィルスは人間にどんどん交流をしてもらいたいし、色んなところへとうろうろと移動して濃厚接触をどんどんして欲しい。

母体が死ねば自分も死ぬのだからウィルスはそうはなって欲しくないはずだけれど、毒が強すぎて母体が耐えられずに滅んでしまうこともある。

ずれてしまうウィルスと人間の思惑。とか考えながらのんびりと帰宅。

多くの人が感染して免疫を獲得するか、ワクチンが完成するまで収束には向かわないかもしれないとか。

自粛して制限すれば収束するのならいいけれどそうではない。

感染するのは仕方がないと思う。死ぬときは死ぬ。なぜここまで騒ぐのだろう?ほんとうに謎なのです。

virs.jpg
嫌われ目の敵にされ絶滅根絶、撲滅されるウイルスちゃん。
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 07:57| ブログ?