2020年07月04日

ポスト安倍

安倍自民党総裁の任期がのこり約1年3ヶ月となりました。

自民党内ではポスト安倍をにらんで総裁選へのレースがはじまったようです。

安倍さんは疲れているそうです。そりゃあ疲れるでしょう。問題ばかりの瀕死の国家をひとりで背負ってたいへんなことです。

そんななか石破茂さんの人気が上がってきているようです。ビシッと言いたいことを的確に言っている印象か。報道各社の世論調査で石破さんが1位、安倍さん2位が多かった。

哲学者の河本英夫教授が鳥取県出身で「鳥取出身の総理大臣はまだいないんですよ。」と言っていた。

石破さんは鳥取出身だけど「石破さんは暗い」とも言ってた。暗いとは思わないけれど人相が悪いなあとは思っていた。最近はそういう顔なのか。と感じるようになってきましたが。愛嬌があるとも見えなくはない。

軍事オタクで気持ち悪いおじさんてな感じだったけれど、軍事に非常に精通しているともとれる。ものはとりようか。けれども実際に人気は上がるいっぽうのようです。

鳥取初の総理大臣誕生か・・・

このあいだ世襲議員のことを記したときに安倍さんのことを調べたのですが、とんでもないかたでした。考えられないぐらいの血統の良さで、選ばれた人間です。江戸時代だったら顔も見られない雲の上の存在だな。

「安倍とかいうかたがおるらしいで」会ったこともない架空の人物。

生い立ちというものが学歴や人間性以上に説得力をもつことがあるのだろうな。どんどん出世して戦後最年少で戦後生まれとしては、はじめての内閣総理大臣。

意外にもサラリーマンも経験している。奥さまの昭恵さんはいま話題の電通の社員だったそうです。タモリのファンというのが可笑しい・・・

あっ、安倍さんのWikipediaをみての感想でした。

さて日本の首都、東京の都知事選挙の投票が明日です。棄権は沈黙、現状を認める。白紙委任するということになるのでお気をつけて。

今回は史上最多の22人が出馬、変なひとも何人かいます。

朝6時にワイフに叩き起こされてネットで話題の後藤輝樹君の政見放送を見ましたが、鉄割の山内かと目を疑った。パフォーマンスは面白かったけれど、言ってることはよくわからなかったな。

山内も次回、立候補してみたらいいのでは。

選挙のほうは小池さんが自民支持層の8割、公明支持層の大半をかため無党派層の7割にも浸透してすでに圧勝での当選確実らしい。

棄権が多いので、強固な組織票を持つ政党や候補者がどうしても有利になってしまう現状がある。与党としては、なんなら投票率は低いほうがいいそうです。

それはさておき、ポスト安部ですが「後継者というのは育てるものではなく、育ってくるものだ。」と安倍さんは言い放っているようです。

今後どうなっていくのか。

注目です。

mosha.jpg
『模写のような 2020.7.1』

参照:2020年6月21日 毎日新聞 | 2020年6月29日 朝日新聞
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 09:54| ブログ?