2020年08月29日

安倍さん退陣へ

安倍首相が辞任を表明しました。

永田町は大騒ぎ、ワイドショーは大喜び。

歴代最長という記録を達成しての突然の辞任表明ですが、平穏で好調なときの舵取りは誰でもできる。荒波がたった緊急事にその真価が問われるのだろうけれど、いまの日本の状況を背負いきれなかった感じか。

森友学園と加計学園、桜を見る会の疑惑を残し、忖度という言葉を残して辞めていく印象です。

最後のほうはみんなが要らないというマスクを無理して配って不評だったり、星野源の曲で動画を撮ってバッシングを受けたり散々なことになっていて、お気の毒でした。

ご機嫌取りの上手で浅はかな取り巻きしかいなかったのでしょう。部下は不正ばかりするし。

「リーダーなんて責任をとって辞めるためにいる。」と前文化庁長官の青柳正規さんが言っていたけれど、在任中のあらゆる不祥事の責任を取らずにきたのに突然投げ出した印象です。

とか思っていたらまだ辞任を表明しただけで、首相としての仕事はつづけるようです。

各新聞の報道は、安倍さんが「私の意見はすべて読売に書いてあります。」と答弁した、読売新聞では「国論二分の課題 挑んだ」「コロナ対策 節目」「心折れ自分一人で判断」となぐさめている感じ。

中立の毎日新聞は「次に進む道 探る時」「コロナ道筋 理由にアベノミクス 道半ば」と前を向きつつ後ろを振り返る感じ。

反政権の東京新聞は「国民の負託 応えられず」「看板倒れ次々」「疑惑 難題 答えなく 禍中 突然退場」と手厳しい。

言うのは簡単。しかし、いざ責任を負ってやるのは難しい。

10人ぐらいのグループでも大変なのに、1億2千万人の運命を背負うというのはどんなに大変なのか、想像もつかない。

安倍首相が抱えている持病の潰瘍性大腸炎は猛烈な痛みが特徴で、食事と排泄という当たりまえのことが出来なくなるそうです。瀕死の国家を背負うというストレスから来たのは明確。

何をやっても批判される立場か・・・

お疲れさまでした。ゆっくりと休んでくださいませ。

ポスト安倍レースですが突然号砲が鳴った様相でみなさん慌てているようです。

「私は辞めていく立場で、私から次の総裁選に影響力を行使しようとはまったく考えていない」と明言したけれどどうかな。

安倍さんに嫌われているという石破茂さんが世間では1番人気。娘に「ドラマに出てくる悪者みたいな笑顔だった」と言われてしまった岸田さんはやる気満々だけどどうだろう。

だれがやってもこの国の危機を救うのは容易ではない気がします。

そうして分断ではなく融和を目指すことのできるリーダーがあらわれることを願います。

abe.jpg
安倍さんを描くのも最後か・・・

参照・引用:2020年8月29日 読売新聞、毎日新聞、東京新聞
posted by Mukai Kumotaro & Duex Shrine at 15:29| ブログ?